HOME > わかりやすいサイン

わかりやすい「サイン」の設置

病院のわかりにくさの一つに、サインの問題があげられます。診療科やトイレがどこにあるのか、どういう順路で 進めばよいのかなど、初めての患者さんやご高齢の方には病院の複雑な構造は特にわかりにくいものです。

そのわかりにくさを解消するのが「サイン」のはずです。しかし、このサインがしっかり機能していない場合が多いようです。また、たくさんの貼り紙で常設のサインを補っている病院も少なくありませんが、情報が多すぎてわかりにくいだけではなく、見栄えもよくありません。患者さんにわかりやすく、センスの良いサインを設置しませんか。